中古自転車をタダでゲット!?自治体リサイクルって社会貢献なんだよ〜。

高額なロードバイク等の中古車が

業者を通じて、あるいはインターネットオークションで売買されていることは、ロードバイク等に興味がある方なら、聞いたことがある話だと思います。

しかし、シティサイクル(いわゆるママチャリ)の中古車が販売されているのをご存知でしょうか? 地域にもよりますが、結構その辺の自転車屋に普通においてあったりします。

リサイクルショップで売っていることも多いです。一方で、古くなってきた、引越することになった、などの理由で自転車を廃棄したというのはともかく、売った、というのはあまり聞いたことがありません。

では、このような中古自転車はどこから仕入れられているのでしょうか。 

その回答の一つが、多くの自治体で、放置自転車を回収した後、一定期間引き取りに現れないと、自転車を地域の自転車屋等に販売している実態があります。

まだ使えるものを廃棄せずに再利用することはエコにもなります。専門家である自転車屋が整備し安全性を確認した上で販売することで、より整備された自転車が世の中に増えるという意味で交通安全にも繋がります。

放置自転車の処理費用は撤去費のほか保管費用がかかるため 1台当り数千円の費用がかかっており、少しでも回収できれば自治体としてもうれしいことなのでしょう。 もう一つは、同じく自治体経由ですが、廃品回収の際に回収した自転車について自転車屋に売却している事例があります。

自治体から自転車をもらうことはできる?

自治体から直接中古自転車をもらうことはできるところとできないところがあります。販売会を行なっている自治体もありますので、自治体のホームページをチェックしてみましょう。

なお、自転車を粗大ゴミとして出すと

自治体によっては廃棄費用がかかることがあります。

一方で民間の廃棄業者に依頼し無償で引き取ってもらえるケースもあります。 この背景には、自転車が海外で売れるという現実があります。

日本で廃棄される状態の自転車でも海外に持っていくと売れるのであれば、一台ずつは大した儲けにならないとしても、大量に売りさばくとまとまった収益になります。

今後、エコ意識の高まりとともに、中古自転車は増えていくのでしょうか? 私はそうは思っておらず、その理由は2つあります。 

一つ目は、今、とても安い価格で新しい自転車を購入することができることです。

ホームセンターでは7000円台で探すこともできます。一方、中古自転車は、仕入れ値こそただみたいなものですが、整備には人手が必要です。

そのため、極端に安い値段(500円とか)では販売できません。数千円の差で新車と中古の自転車を選べるとして、毎日使う、あるいは長く使うことを想定して購入されることの多い自転車で中古車を選ぶ人ばっかりだ、とは私には思えません。

二つ目は、放置自転車に対する目が昔より厳しくなってきたことを受け、今後はレンタサイクルがもっと流行るのではないかと思われることです。

今、レンタサイクルというと観光地で借りるもの、というイメージがありますが、もっと使い道が多いはずだと思っています。

海外でもロンドンで2010年に市営のレンタサイクルが導入されたりしていますので、そのうち日本でも流行るのではないかと思います。

PR
電子タバコおすすめ